※情報収集日:2020.08.01

駒の小屋(越後駒ヶ岳避難小屋)

    概要

    会津駒ケ岳山頂下、駒の大池すぐそばにある収容人数30人の小さな山小屋。山好き夫婦二人でのんびりと営業している。

    現在の状況
    営業中
    宿泊制限
    会津駒ヶ岳ではテント泊は禁止されております。

    ご宿泊人数を最大で14名様(お部屋割りの都合によっては最大10名様)までとし、お隣の方との距離を空けさせていただきます。
    登山者へのお願い
    ・発熱、倦怠感、のどの痛み等少しでも体調に不安がある場合は、無理をなさらず登山を中止してください。場合によっては小屋外で検温をさせていただく場合もございます
    ・小屋内では、マスクをご持参頂き、その着用を必ずお願い申し上げます
    ・寝具はご用意してありますが、できればシュラフ、インナーシュラフ、シュラフカバーやシーツ等をご持参ください
    ・枕カバーは紙製のものを毎日交換いたしますが、こちらも枕カバーの代わりになるようなタオル等ご持参頂きますようお願い申し上げます
    その他の対応
    トイレはご利用になれます。
    トイレットペーパーは備え付けてありますが、ウェットティッシュなどはご自身でご用意ください。

    今まで小屋に配置し共有していた「長靴」「サンダル」等はご利用できません。ご自身で持参してください。
    鍋、やかんなどもございません。

    日帰りの登山者の皆様の小屋内自炊室のご利用はできません。
    備考

    駒の小屋(越後駒ヶ岳避難小屋)HP

     

    尾瀬国立公園会津駒ヶ岳に入山する時の注意点(尾瀬保護財団HPより)

     

    必ずお読みください。 駒の小屋の新型コロナウイルス感染防止策につきまして

    SNS
    Twitter
    • ※最新情報と異なる場合がございますので必ず掲載元リンクから最新の情報をご確認ください。