※情報収集日:2020.06.25

黒岳石室

    概要

    黒岳山頂より砂礫とお花畑の中をゆっくり歩いて30分ほどに位置する避難小屋。片道約40分の「お鉢平展望台」もオススメの散策スポット。

    現在の状況
    限定営業
    営業再開日
    黒岳石室については無人避難小屋としての扱いとなり、緊急時の避難場所としてのみ開放いたします。ただし、管理人は常駐しませんので、ご自身の責任でご利用ください。
    食事
    黒岳石室ならびに、野営指定地共に管理人を常駐しての運営はいたしません。
    また、物販や寝袋のレンタルも行いません。
    登山者へのお願い
    ○石室に併設している黒岳トイレについては、洋式から和式へ変更になっています。また、ブースを減らして(4→2)開設しますので混雑が予想されます。現地に携帯トイレブースを設置しますので、登山をされる場合には必ず携帯トイレのご持参をお願いいたします。

    ○ 使用後の携帯トイレは各自でお持ち帰りください。
    なお、層雲峡・旭岳各ビジターセンターの横に「携帯トイレ回収ボックス」があります。そこで使用済みの携帯トイレを処分できますので、ご利用ください。

    ○ トイレの使用にあたっては、衛生管理の徹底をお願いします。各自で消毒用品をご持参いただき、トイレ利用前後の手指消毒をお願いいたします。現地に手洗い用の水はありません。

    ○ 常設トイレも 2 室はありますが、こちらは急な便意を催すなど緊急用の使用に限ります。

    ○ 緊急時の常設トイレの使用の際には、協力金 500 円以上をお支払いください。
    (携帯トイレ専用ブースの使用時については、協力金のお支払いは不要です。)

    ○ 携帯トイレブースの開設時期は、7 月 1 日(水)~9 月 27 日(日)を予定しています(常設トイレも同期間の開設予定)。
    その他の対応
    管理人を常駐しての運営はせず、無人避難小屋としての扱いとなります。
    備考

    大雪山国立公園連絡協議会HP

    大雪山国立公園登山新型コロナウィルス感染症注意マップ

    令和2年度黒岳公衆トイレに関する注意事項についてPDF

    • ※最新情報と異なる場合がございますので必ず掲載元リンクから最新の情報をご確認ください。